ライフサイエンス用語集

X

XPS 【えっくすぴーえす】

X-ray photoelectron spectroscopy(X線光電子分光)の略。
物質に既知のエネルギー(h)を持つX線を照射すると、フェルミ準位を基準として、hよりも小さい結合エネルギーEbを持つ軌道の電子が、光電効果によりX線を照射した物質から放出される。
放出された電子(光電子)の運動エネルギーをEkとすると、Ekを測定することによりEbを求めることができる。Ebは各原子特有の値を示すが、原子が単独で存在する場合と化合物を作っている場合とでは電子密度が異なるため、化学結合によりEbの化学シフトが起こる。つまり、同一元素でも化合物によりEbが異なる。
また、検出される光電子数に補正を施すことにより、定量が可能になる。標準物質を測定し、装置固有の係数を求めれば、かなり正確な定量が可能である。
光電子が固体中を進める距離は10nm以下であり、そのため極表面からの光電子だけが検出され、表面感度の高い分析ができる。