ライフサイエンス用語集

た(だ)

対数増殖期 (培養におけるフェーズ) 【たいすうぞうしょくき】

数が対数的に増加する期間。

多血小板血漿(platelet rich plasma) 【たけっしょうばんけっしょう】

血液中の血小板を濃縮した血漿。

多孔質材料 【たこうしつざいりょう】

内部に孔構造を持っている材料。

多孔質体 【たこうしつたい】

緻密ではなく、多数の孔を内部にもつ材料。

多能性 【たのうせい】

胎盤など一部の細胞を除くほぼ全ての分化細胞に分化できる能力。

多分化能 【たぶんかのう】

複数の分化細胞に分化できる能力。

タミフル 【たみふる】

物質名はオセルタミビルで、インフルエンザ治療薬である。オセルタミビルリン酸塩として、スイスのロシュ社により商品名タミフル (tamiflu) で販売されている。

単核球 【たんかくきゅう】

骨髄で産生される白血球の1種で、白血球の約5%をしめる。

炭酸アパタイト 【たんさんあぱたいと】

炭酸基を含むアパタイト。骨の無機組成。

炭酸アパタイトフォーム 【たんさんあぱたいとふぉーむ】

フォーム形態の炭酸アパタイト。

脱細胞化組織 【だつさいぼうかそしき】

動物組織から免疫源となる細胞を除去した脱細胞化組織を利用した、新しい再生医療用足場材料。