動画でまなぶMovie Seminar

研究の最前線をお手元で!セミナー動画配信中

有料

臨床家からみた先端医療(再生治療)における細胞供給源の重要性と期待

近畿大学 医学部形成外科 主任教授 磯貝 典孝 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座

分解性の足場に細胞を組み合わせて移植組織を再生誘導する技術(tissue engineering)は、1988年、Langer/Vacantiらによって提唱された。本技術をヒトへ臨床応用するためには、前臨床試験となる大動物自家移植モデルにおける再生誘導が不可欠であるが、その実験成績は極めて不良である。その理由として、

(1)播種細胞の種類
(2)至適濃度
(3)播種後の生存率
(4)足場への接着性

などの諸問題が推測されている。近年、我々は軟骨用微細加工装置((有)シバタシステムサービスとの共同開発)を開発した。本装置の導入により、採取軟骨を低侵襲的、短時間に、均等な微小サイズのマイクロ軟骨に加工することが可能となった。今回は、一定の細胞数と細胞外基質構造を含むマイクロ軟骨を“細胞”に代わる新たな細胞供給源として用い、複雑な立体構造と長期形状維持を可能とする再生誘導の新規技術の現状と有用性について報告する。

時間:1:00:22 ID:S1188 
有料

ナノバイオデバイスが広げるものづくり技術と再生医療の接点

名古屋大学大学院 工学研究科 教授 先端ナノバイオデバイス研究センター センター長 馬場 嘉信 氏

平成27年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


ナノバイオデバイスの研究により、再生医療に必要な細胞分離、細胞評価、iPS細胞体内動態モニタリング、幹細胞増殖・分化のためのデバイス・装置開発と実用化のために、どのようなものづくり技術が重要か明らかになってきました。本講演では、ナノバイオデバイスによる再生医療実用化を目指した研究開発の最前線を分かりやすく解説するとともに、再生医療に必要なものづくり技術の重要性について分かりやすく説明します。さらに、再生医療用の材料開発には、どのような表面処理・加工技術が重要かについて説明します。本講演を通して、できるだけ多くの企業の方に、再生医療分野に参入いただけるよう願っております。

時間:1:24:16 ID:S1191 
有料

iPS細胞を用いたパーキンソン病治療に向けて

京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門 教授 高橋 淳 氏

平成27年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


iPS細胞を用いたパーキンソン病治療の臨床応用に向けて、有効性、安全性の確認を慎重に行わなければならない。我々は、組換えラミニン511E8フラグメントを用いた高密度接着培養により、動物由来フィーダーを用いずに大量培養で神経誘導を行うことに成功した。さらに、floor plate markerであるCorinに対する抗体を用いたソーティングによってドパミン神経前駆細胞の濃縮に成功。本講演では、臨床応用に向けたこれらの技術開発について述べる。


【平成29年11月30日までの期間限定配信】

時間:1:24:17 ID:S1184  公開日:2017年4月26日
有料

製品提供のバリューチェーンから見た再生医療ビジネスの理想と現実

京都大学大学院医学研究科 メディカルイノベーション推進室 特定准教授 小栁 智義 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


再生医療という単語には未来の医療としての大きな期待と共に、その経済的な効果について産業界からの期待が大きい。新規参入企業は自社の既存技術の活用から発展を試みるが、現実には産業として未成熟であるためにあるスポットに「参入」すると言うよりは、前後のビジネスのフローを確立し、新しいビジネスコンセプトから作り上げる事になる。本講座では周辺産業の一つである再生医療用培地、サプリメントを切り口として再生医療製品開発を概説し、事業のバリューチェーンの確認と参入の際に参考となるポジショニングの考え方を提供する。

時間:52:30 ID:S1180  公開日:2017年4月10日
有料

自然治癒力を高めて病気を治す―再生治療と再生研究の実現にモノづくり技術は必要不可欠である―

京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 生体材料学分野 

教授 田畑 泰彦 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


自然治癒力を高めて病気を治す再生医療には、再生治療と再生研究がある。自然治癒力の基は細胞の能力であり、この細胞能力を高める(元気にする)ことで病気を治すのが再生治療である。一方、細胞を調べ、細胞を元気にする方法を調べる細胞研究も重要である。また、薬の活性や毒性を評価する創薬研究にも元気な細胞を用いることが必要である。再生研究の成果は将来の再生治療を科学的に支える。このように、再生医療の実現には、細胞を調べ、元気にし、活用するための様々な材料、技術、方法論、いわゆる「モノづくり技術」が必要不可欠となる。本講座では、再生治療と再生研究の事業化に必要な「モノづくり技術」の重要性と将来の方向性についてわかりやすく解説する。

時間:2時間00分 ID:S1176  公開日:2017年4月11日
有料

細胞機能を制御する機能性ハイドロゲルの設計と再生医療への応用

京都大学 再生医科学研究所生体材料学分野 准教授 山本 雅哉 氏

平成27年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


再生医療は、再生治療と再生研究とに大別することができる。再生治療は損傷した生体組織を再生修復する治療であり、再生研究は、将来の再生医療を科学的に支える細胞研究や創薬研究からなる。いずれの目的においても、生体材料を基盤技術とする組織工学が必要不可欠である。

本講座では、生体組織を模倣した機能性ハイドロゲルの分子設計について概説するとともに、再生医療における機能性ハイドロゲルの役割について紹介する。
時間:1時間29分 ID:S1169  公開日:2017年4月4日
有料

細胞機能を制御する機能性バイオマテリアルと再生医療への応用

京都大学ウイルス・再生医科学研究所 再生組織構築研究部門 生体材料学分野 准教授 山本 雅哉 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


体内では、細胞機能は、細胞の周辺環境によって制御されている。本講演では、この細胞周辺環境を模倣するための機能性バイオマテリアルについて概説する。生体分子を組み込んだバイオマテリアルに加えて、バイオマテリアルの材料特性が細胞機能に与える影響についても言及する。これらを通じて、今後、必要となるモノづくり技術について議論したい。



時間:1時間31分 ID:S1160  公開日:2017年3月23日
有料

再生医療における金属材料の役割と課題

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授 塙 隆夫 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


体内埋入部材の約80%、整形外科に限れば95%が金属製であり、金属材料の医療における重要性は明白である。金属を再生医療に利用するのは、主に金属を使用しないと足場材料としての構造を維持できないか荷重の掛かる箇所での組織再生であろう。また、再生医療の定義を広く考えれば、金属材料表面の組織再生もその範疇に入る。チタンの力学的性質とその問題、生分解性、骨形成促進、生体機能化など、再生医療への応用に必要と思われる事項について解説する。

時間:1時間14分 ID:S1159  公開日:2017年3月23日
有料

細胞を製造することとは

大阪大学大学院 工学研究科生命先端工学専攻 教授 紀ノ岡 正博 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


移植用の細胞を製造することについて、培養環境の設計や無菌操作、道具などの紹介を行う。特に、細胞治療や再生医療に資する細胞製造においては、細胞を含む生産物の不確定要素が多く、システム変動に対する個別の評価は、固有の概念構築が要求される。本講では、細胞を用いた製造における種々の変動を考慮する際の製造設計の容易性(細胞製造性)の考え方を紹介する。

時間:1時間28分 ID:S1158  公開日:2017年3月23日
有料

再生医療を支える製品の法規制とビジネス

NPO医工連携推進機構 客員研究員 吉川 典子 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


再生医療の実施には、様々な道筋があるほか、様々な製品が必要である。この多様性は、再生医療が普及を始める大事なプロセスである。再生医療新法の施行と薬事法改正により、動きが深まり、薬事戦略相談をベースにしたガイドラインなど、が発出されている。ビジネスの推進において、各種法規制の理解や、ガイドラインの活用などは大変重要である。事業の見つめ方にも触れ、ダイナミックな医療の変革期を意識し、わかりやすい解説を行う。

時間:1時間24分 ID:S1157  公開日:2017年3月23日
無料

再生医療サポートプラットフォームのご紹介

京都リサーチパーク株式会社は、再生医療の早期の実用化・産業化とモノづくり企業のイノベーションを目指して、再生医療サポートプラットフォームを運営しています。

再生医療分野でビジネスをお考えの方、再生医療サポートプラットフォームへ参加してみませんか?

時間:3分15秒 ID:S1083  公開日:2016年5月31日
無料

再生医療分野での商品開発ストーリー①

産業用装置の生産や航空機部品に使われる金属加工などの技術を活かして、再生医療分野へ進出している株式会社積進様の事例をご紹介します。

時間:6分5秒 ID:S962  公開日:2016年2月4日
無料

再生医療分野での商品開発ストーリー②

一般機械装置・宇宙産業機器・ロボット・医療機器・バイオ関係の設計製図を請け負う有限会社デコレ様が再生医療分野へ進出した経緯をご紹介します。

時間:6分59秒 ID:S963  公開日:2016年2月4日
無料

再生医療周辺分野における事業創出の取り組み

2015年8月5日(水) 第6回 ライフサイエンス・ビジネスセミナー「ヘルスケア産業で世界市場を狙え!」において、再生医療サポートプラットフォームを紹介しました。


時間:23分15秒 ID:S961  公開日:2016年2月4日