有料
再生医療における金属材料の役割と課題

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授 塙 隆夫 氏

平成28年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座


体内埋入部材の約80%、整形外科に限れば95%が金属製であり、金属材料の医療における重要性は明白である。金属を再生医療に利用するのは、主に金属を使用しないと足場材料としての構造を維持できないか荷重の掛かる箇所での組織再生であろう。また、再生医療の定義を広く考えれば、金属材料表面の組織再生もその範疇に入る。チタンの力学的性質とその問題、生分解性、骨形成促進、生体機能化など、再生医療への応用に必要と思われる事項について解説する。

時間:1時間14分  ID:S1159  公開日:2017年3月23日
有料動画の全編を視聴するには、会員登録及び動画毎にご購入が必要です
動画価格 1本につき 1万円(税込10,800円)
視聴期間 ご購入後 30日間
動画を購入されたい方

ご購入には請求書(前払い)もしくはPayPalクレジットカード決済をご利用頂けます。
決済確認が取れ次第、有料動画をご視聴いただけます。

購入手続き画面へ