ニュース

【京都高度技術研究所様よりお知らせ】平成29年度第1回京都市ライフイノベーション創出支援センターポジウム

◆平成29年度 第1回
 京都市ライフイノベーション創出支援センターシンポジウム
 「希少・難治性疾患やがんの克服に挑む
            ~新しい治療法の開発に向けて~」


 京都市及び(公財)京都高度技術研究所では、ライフサイエンス分野の
最先端の取組に触れていただくために、毎年シンポジウムを開催しています。
 今年度は、先日ノーベル生理学・医学賞を受賞した体内時計に関する研究
にも活用されたショウジョウバエをモデル生物として活用した希少・難治性
疾患に関する研究や治療困難ながんなどへの新しい治療法の開発に向けた
最先端の研究開発に取り組んでおられる方々をお招きし、事例を御紹介いた
だくシンポジウムを開催します。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。



■日 時:平成29年11月1日(水)13:30~17:20(受付・開場13:00~)


■会 場:京都大学国際科学イノベーション棟 5階シンポジウムホール
     (京都市左京区吉田本町 京都大学吉田キャンパス本部構内)


■プログラム:
 13:30 開会


 13:40~講演1
 「ヒト希少神経難病にショウジョウバエモデルで挑む」
  京都工芸繊維大学 応用生物学系 教授
  昆虫先端研究推進センター長 山口 政光 氏


 14:30~講演2
 「iPS細胞と昆虫モデルを用いた神経変性疾患研究の利点と今後の展開」
  京都府立医科大学大学院 医学研究科神経内科学 教授
  医療センター所長 水野 敏樹 氏


 15:20~15:35 <休憩>


 15:35~講演3
 「アカデミアにおける創薬研究 ―がん分子標的治療薬開発―」
  京都薬科大学生命薬科学系病態生理学分野
  教授 芦原 英司 氏


 16:25~講演4
 「遺伝子治療分野におけるタカラバイオの取り組み」
  タカラバイオ(株)
  代表取締役社長 仲尾 功一 氏


 17:15 閉会


■参加費:無料


■定 員:200名


■主 催:京都市、(公財)京都高度技術研究所


■申込方法:下記のURLからお申込みください。


■詳細URL:
 http://www.astem.or.jp/lifeinov/2017symposium/3547.html


■問合せ先:
 (公財)京都高度技術研究所 産学公連携事業本部
 京都市ライフイノベーション創出支援センター
 TEL:075-950-0880 / FAX:075-950-0881
 E-mail:ikouyaku[at]astem.or.jp
 ※[at]を半角@に換えて送信してください。