株式会社AFIテクノロジー

企業プロフィール

マイクロチップ技術で食品検査・臨床検査・バイオ研究に貢献
弊社は、革新的な細胞/細菌の分離分析デバイスに関する研究開発を通して、ワンチップ統合型の分離分析デバイスの普及を目指しています。独自技術である“FES”を活用した非染色、非侵襲な細胞細菌の分離分析技術、微細加工によるマイクロフローデバイスに関するノウハウを生かし、革新的な細胞細菌の分離分析デバイスの研究開発を行っております。

【主な研究開発】
・「バイオ研究・臨床検査」を革新する細胞分離分析技術
・「食と水の安心・安全」をサポートする迅速検査技術
・受託研究・受託開発


技術・強みなど

“FES”とは、弊社独自の電気計測及び流体制御技術を融合した分離技術です。

当技術を用いた製品として主に、一体型装置「エレスタ」と「FESユニット」を提供しており、お客様の幅広いご要望にお応え致します。

1.FESユニット

特徴:
・自社技術である“FES”のコアユニット
・お手持ちの顕微鏡で観察が可能(必要な機器は別途準備する必要があります)
・微生物・細胞の分離/濃縮の基礎実験から検査応用まで幅広く対応
・FESユニットを用いたカスタマイズシステムの構築が可能
・開発中の画像解析ソフトを用いて細菌/細胞のより詳細な解析


2.微生物迅速検査システム

特徴:
・サンプル輸液ポンプ、印加用電源ユニット、観察用CCDカメラエレスタチップを搭載した完全一体型
・FESを利用した専用エレスタチップはディスポーザブルタイプ
・主としてサンプル溶液からの微生物(菌体)の分離・濃縮に最適化
・CCDカメラを利用した一般総生菌数の測定が可能




※詳しくは、お問い合わせください。