加温・加湿機能付きオゾン/UV表面処理装置

スチロールシャーレのオゾン/UV表面処理の実例を装置の設定方法を含めて示しています。表面処理を施していないスチロールシャーレにES細胞は接着しませんが、一定の条件でオゾン/UV処理することで、細胞の接着・増殖が確認できました。
製造企業名 荏原実業 株式会社
製品コード 150019
カテゴリ

加温・加湿機能を有した研究用途のオゾン/UV表面処理装置(型式:EKBIO-1100)です。加湿条件でオゾン/UV処理を行うことができ、ラジカル種の生成を促進し、有機物の分解、親水化を効率的に行うことができます。
処理条件の設定は、酸素パージ時間、オゾン/UV処理時間(UVランプ点灯時間)、オゾン分解時間、槽内温度設定、加湿用水の水温設定などをタッチパネルより入力することができ、処理後のオゾン分解までを自動的に行います。

主な用途は、

1. PEG基板のオゾン/UV処理によるエッチング処理(細胞接着・非接着領域の制御)
2. スチロールシャーレのオゾン/UV処理による細胞接着エリアの制御(ヒト骨格筋筋芽細胞、マウスES細胞などで試験)
3. 樹脂、金属をはじめとする各種素材の親水化処理、表面洗浄
4. AFMカンチレバーの有機物洗浄
5. 材質表面の除菌

などがあります。
研究用途でオゾン/UV処理を行うにあたり条件設定が容易にできるよう設計されています。

この製品[ 加温・加湿機能付きオゾン/UV表面処理装置 ]についてお問い合わせ

製品・販売に関するお問い合わせや技術的なご質問など、
どんな内容でもお気軽にご相談ください。