培養細胞伸展システム STBシリーズ

物理的刺激による生体の感知・伝達・応答機構を解明 メカニカルストレス負荷刺激装置 培養細胞伸展システム STBシリーズ

生体内の細胞は、常に様々な機械的刺激を受けています。

心筋細胞であれば拍動、血管内皮細胞であればズリ応力、軟骨細胞では圧力刺激等です。

しかし通常の培養条件(静的培養)では、このような刺激は存在しません。

ストレックス社の培養細胞伸展システムは細胞に伸縮・圧縮刺激を加えながら培養することで生体内に近い環境を与えるため、静的培養とは異なる細胞の変化・応答が観察できます。

細胞ごとに適した刺激プログラムを組み込んでおり、最適な条件下でメカニカル刺激を負荷することが可能です。

また細胞を培養するチャンバーは伸展方向に平行かつ均一な負荷をかけることが可能で、二次的負荷が微弱です。

生化学的実験、顕微鏡下での観察用等豊富に取りそろえております。

メカノバイオロジーの研究に是非お試しください。

特徴


多様なプログラム

 ・超低速~高速まで安定した動作が可能で、伸展~圧縮刺激まで64通りのパターンが組込まれております


PDMS製ストレッチチャンバー

・PDMS製チャンバーにより全ての細胞に均一な刺激を負荷できます

 ・細胞の固定、蛍光イメージングなど様々な処理が可能です

 ・ご希望サイズでの製作も可能です


様々な実験用途

 ・タンパク発現・RNA解析・生化学的実験(STB-1400シリーズ)

 ・カルシウム測光・細胞骨格(STB-150シリーズ)




顕微鏡ステージ搭載機種 STB-150シリーズ


 ・顕微鏡下での観察が可能です。




ストレッチチャンバー


・スタンダードチャンパー

STB-7.jpg STB-8.jpg STB-9.jpg STB-10.jpg


・三次元培養用チャンバー

STB-11.jpg STB-12.jpg


・微小領域観察用チャンバー

STB-13.jpg